順張りの哲学 - 元パチプロ 順張り専業先物トレーダーの225先物ザラ場のつぶやき

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

順張りの哲学

今日、値幅が140あって、押しの余りない陽線でさらにトレンド方向に伸びた日。

私はトレンドフォロワーなので今日みたいな日に取れないのは死活問題。

なので、引けてからずっと、チャートを検証して、問題点を考えていた。

今日の問題は10時に買うポイントがキチンと見えていたが、そこでロングしなかったこと。

なんで買わなかったかというと、15分足のチャート形状を見て、もう伸びないだろって予想していたから。

私のやるべきことは予想ではなくて波動の波に乗ること。チャートがもう一波↑あるかもよって示唆してくれていた。

予測しないで波を乗ることだけに集中しているので波に乗れない(波が発生しない)こともある。

その時は波から降りる(損切り)技術は持っていると自負している。

なので、どんなに高くても買えるし、安くても売れる。

真っ直ぐ素直にチャートを観るべし。

私がボリンジャーバンドを嫌っているのはボラティリティが高くなると帯が上下拡散するので、トレンド発生時にトレンドサイドに±2とかの上限下限に価格がタッチすると
もう伸びないだろうって考えてしまうところ。株価は正規分布しないだろうし。株価がどこまで上がるか下がるかなんて予測は無駄だし当てられない。

また、オプションを嫌っているのも同じで値幅予測さらには時間まで予測してポジションを取らなければいけないところ。
非常にゲームとしては面白いだろうが、相場のボラと時間を予測するのは無理だろって考えている。私がもしオプションに手をだしたら、今やっている順張り波乗りに悪影響がでることは避けられない。なのでオプションを毛嫌いしてるわけであります。

明日からは真っ白な気持ちで素直にチャートを読むようにする。

値幅が収縮からトレンドサイドに拡散が始まったらずっと拡散し続けるし、上昇トレンドが発生したら価格は波動を描きながら青天井でどこまでも上がる。下降トレンドが発生したら、価格は波動を描きながら0円まで下がるって思い込め。だから価格の予測はするな。

波に乗るだけ。上手に乗るだけ。

”私は明日から上手に波に乗れる乗れる乗れる”って自分に暗示を掛けておく。

そして、運が私の味方をしてくれるように祈る。

スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。